複数の買取業者で金額UP

こんにちは、勇樹です!実はこの間の連休に車を買い替えたのでその話をしようと思ってます。

売るのは、例のカーナビやオーディオに拘った車です。せっかく高い改造費を出したのにもったいない!と思う方もいるかもしれません。でも特に問題ないのが、内装は取り外せば基本どの車にも装着可能なんです。
なので車を買えても何も問題ありません。まあ、機材の付け替えで丸1日潰れちゃいますけどね(笑)

ちなみに車種はマツダ アクセラです。BOSEサウンドシステムが付いてるお得な車ですよ。そろそろ5年くらい走ってるので、もう限界のようです。ブレーキの修理をしてもどうせすぐに、またどこかしら故障するだろう、とこの前整備士の方に言われました。

さて、まずはこのマツダ アクセラを売る必要があります。ここで車を売るコツも合わせてお伝えしますね。

まず、複数の買取業者を回って、比較検討することをおススメします。なぜなら車の買取価格はその店舗によって大きく変わるためです。外車なら外車専門の買取店の方が高く買い取るわけですね。

私が始めたのは、ガリバーなど実店舗を4件ほど回って、車の価値を聞きました。すると予想通りで最大で5万円の差が出ました。これに、加えてネットでの買取もプラスされます。

これが結構重要で、なんせ一々店舗まで向かい必要が無いですもんね。この方法で買取店を増やして買取価格をあげよう♪ということですね。

コチラのサイト→「車買取 和歌山」でもネット買取を調べることが可能です。参考にどうぞ!

カーナビのススメ

はい、勇樹です。

内装に凝る私はカーナビももちろん見逃しません。

最近新しく買ったのですが、ここでカーナビの最近の傾向とかを書こうと思います。

カーナビの種類は、2DIN、ポータブル、インダッシュ、オンダッシュの4つのタイプがあります。

今現在発売されているのは、ほとんどが2DINとポータブルが主流で、それ以外はほとんど発売されていません。

2DINというのは、ダッシュボードにはめ込んで使用するタイプの事、ポータブルは文字通りですけど、ダッシュボードに取り付けたり取り外しができたりするタイプの事です。

因みにインダッシュとオンダッシュというのは、インダッシュはディスプレイが収納可能なタイプの事で、オンダッシュはダッシュボードに固定して使用するタイプの事ですが、最近はこの2種類はほとんど売られていません。

見た目もあるんでしょうかね。カーナビも内装と一体化していた方がスタイリッシュでカッコイイ感じがするのは確かですよね。

さらに最近はディスプレイが大きくなってきていて、見やすいというのも特徴ですね。最も多く、主流になっているのは7型、グレードの高いものでは8型や9型なんかもあります。

車種専用にはなりますが、ビッグXシリーズは11型を採用しているので、ここまでくるとかなり大型ですよね。

車内で映画やライブDVDなんかを流していたりする人もいるので、大型の方が迫力があるのでしょうか。

私も音楽を流したりはしますが、ライブDVDを流してBGM代わりにしたりもしますし、車で寝泊まりしながら旅行したりもあるので、大型は確かに助かります。

オーディオ中級

どうも勇樹です、今日も車のこだわりを語りたいと思います。私は基本内装に凝る方なんですよね。この間もハンドルカバーを買いました!ハンドルカバーって女性が変えるイメージがあるかもしれませんが、最近はネットショッピングなどで、かなりマニアックなモノも手に入るのです。タイヤの形状に見立てたカバーや、好きなメーカーのイメージカーラーのカバーなど、かなりたくさんありますね。

あまり、ゴタゴタしたのは嫌いなので、車内の色と同じようなシックなモノを選びました。まあハンドルカバーって5つくらい持ってるんですけどね♪

さて、前回のオーディオの続きですが、今日はちょっと上級編です。アンプの追加ですね!アンプって名前は有名ですけど、実際に説明できる人って少ない気がします。

そもそもアンプとは→音楽デッキやプレイヤーから出る音源をスピーカーに送る際、音の信号を増減させるものです。最初から付いているスピーカーには内臓アンプが入ってます。簡単にいいますと、発生している音源をスピーカーまで運ぶ役割・・・ですかね。

車におけるアンプの追加は外部アンプのことを指します。純正のオーディオはアンプが内臓されているんですね。でも内臓アンプのパワーってせいぜい30Wほど。これだと大音量の迫力はまず無理です(泣)。音を大きくしても、音が割れるだけなので、イマイチなんです。

外部だと最大出力で100Wほどいくので、クリアで迫力のある音が楽しめますよ♪

場所を取らないミニアンプなんてのもありますし、ぜひ試してはいかがですか?

カーオーディオ入門はカンタン

こんにちは、和歌山の田辺市に住んでます、勇樹といいます。このブログでは車をメインで語っていきたいと思います。どうぞよろしく!

私は並みのカーマニアとはこだわりが違います。今日は車の改造?について軽く紹介しますね。

私の車は内装が自慢なんです。何に拘っているかと言いますと、カーオーディオですね。私くらいになると車の音にまでうるさいのです(笑)。

さて、カーオーディオって「スピーカー」「サブウーファー」「デッキ」「アンプ」「ケーブル」など色々なパーツが必要なのですが、初心者の方がいきなり全部を欲張っては絶対に挫折します!と、いうわけで今回はカーオーディオ入門といきましょう。

まず最もお手軽でかつ、効果を実感できるのがスピーカー交換ですね。まずはこれから挑戦してください。初心者の壁を越えましょう。

実はスピーカー交換って、カーオーディオの中では基本中の基本!音質向上の7割を占めるといっても過言ではないでしょう。他のオーディオパーツはそのスピーカーの能力をどのくらい効率よく上げるか!のサポートと言ってもいいと思います。それくらいスピーカーは重要なんですね。

では、選び方です。最初に車に付いているスピーカーのことを純正スピーカーと言います。それ以外の個人で購入して後から取り付けるモノを社外スピーカーと呼びます。

社外スピーカーって1万円から~50万円まで様々あります。じつは!1万円の社外スピーカーでも、純正スピーカーよりは音質が向上するのです。1万円なら替えた方がよくないですか?

まずは入門ということで、スピーカーの交換(安物でOK)から始めてはいかがでしょうか?

次回もいろいろな車のこだわりを紹介していきます。